ベルリン 攻防 戦 タイガー 戦車


01.04.2020 著者: Misako

歴史家アントニー・ビーヴァーによれば、実際に起きた事実はこの冗談を上回っており、チュイコフは隷下の第8親衛軍に 帝国議会議事堂 (ライヒスターク)への直通路を塞いでいる第3親衛戦車軍の前を横切らせ、左側面から進撃するように故意に命じたと指摘している。チュイコフはこの行動を第3親衛戦車軍に伝えなかったため、 誤射 で多くの兵士が犠牲となった [35] [36] 。. ベルリンの二つの高射砲塔も降伏に同意したため、ソビエト赤軍は攻撃を中止した。ティーアガルテンの高射砲塔(それはミリ榴弾砲の直撃にもびくともしなかった)は4月30日にソビエト赤軍より降伏するよう通達されていたが、5月1日、降伏文書は30日の23時に受領、今日の夜中に降伏すると回答した。これは高射砲塔の守備隊員が夕方に脱出するための時間稼ぎであった [86] 。もう一方、 シュパンダウ要塞 ( ドイツ語版 ) は年にハーフェル川とシュプレー川の合流地点の中州に建てられたものであったが、4月30日、ソビエト赤軍第47軍は降伏勧告を行った。その日の15時、要塞は降伏した [87] 。その後判明したが、実はこの要塞はドイツの化学兵器関連施設であった [88] 。.

第8親衛軍と第1親衛戦車軍の部隊はノイケルンの南方を通ってSバーン防衛線に存在した テンペルホーフ飛行場 方面へ進撃した。「D」区画の防衛はミュンヘベルク装甲師団が担当しており、12両の戦車と30台の 装甲兵員輸送車 が補充される約束であったが、実際には敗残兵と国民突撃隊が補充されるにとどまった。ソビエト赤軍はドイツ軍を撃破するのに 火炎放射器 を使用し、用心深く進撃した。夕暮れまでには、何台かの T が飛行場(総統地下壕南方6キロ地点)に至ったが、そこでドイツ軍の激しい抵抗に出くわした。ミュンヘベルク装甲師団は翌日までなんとか戦線を維持していたが、これがソビエト赤軍を大規模に足止めした最後の抵抗であった [24] [25] 。26日、ソビエト赤軍はノイケルンへ進撃、クルッケンベルクは「C」区画防衛のために Uバーン の ヘルマン広場駅 ( ドイツ語版 ) 周辺に防衛線を築き、司令部をオペラハウスに置いた。その時、兵力を減じたドイツ軍の2個師団がソビエト赤軍5個軍と戦っており、戦況は絶望的だった。第5突撃軍は東方から西方へ向かいトレプトウ公園方面へ進撃しており、ノイケルン北方から第8親衛軍、第1親衛戦車軍が進んだが、テンペルホーフ飛行場で足止めされた。一方、第1ウクライナ方面軍配下の第3親衛戦車軍は マリーエンドルフ ( ドイツ語版 ) から進撃していた。「ノルトラント」が ヘルマン広場 ( ドイツ語版 ) へ後退したため、フランス人義勇兵と人ほどの ヒトラー・ユーゲント が パンツァーファウスト でソビエト赤軍戦車14両を破壊し、 ハーレンゼー ( ドイツ語版 ) 橋付近の機関銃陣地で48時間に渡ってソビエト赤軍を足止めした。一方、 ティーアガルテン ( ドイツ語版 ) で第56装甲軍団の2個師団がソビエト赤軍の攻勢を失速させることはできたが、止めることはできなかったため、「ノルトラント」が(当時 ティーガー戦車 8両と 突撃砲 数両を保有)ティーアガルテンを保持するよう命令された [26] 。.

夕方、グライムとライチュは、アラド Ar 96 高等 練習機 でベルリンから飛び立つこととなった。グライムはドイツ空軍に命令して、 ポツダム広場 に進撃したソビエト赤軍を攻撃することと、ヒムラーが逮捕されたか確認することを命令されていた [注 7] 。ソビエト赤軍はヒトラーが空路、逃走することを恐れていたため、第3突撃軍(北方からティーアガルテンを通過して進撃していた。)がグライムの乗った飛行機を攻撃したが、失敗、グライムは飛び立った [56] [45] 。.

ベルリン攻防戦 オーデル・ナイセの戦い ゼーロウ高地の戦い ベルリン包囲 ベルリン市街戦 ハルベの戦い. 戦争 : 第二次世界大戦 ( 独ソ戦 ). ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 第9軍は包囲される前、 ゼーロウ高地戦 で大損害を被っていた。包囲された直後、第9軍は門未満の 火砲 ・ 迫撃砲 、79両の 戦車 、から両の戦闘車両を所持、約名の兵力が存在していたと考えられている。第9軍は第11SS装甲軍団、 第5SS山岳軍団 、新たに編入された第5軍団 [7] が中核を成しており、さらにフランクフルト守備隊も含まれていた [8] 。また、第11SS装甲軍団は36両の戦車、 第SS重戦車大隊 は14両の ティーガーII を保持していると報告されている。 4月25日、26日には空路補給が試みられたが、 輸送機 が補給ポイントを発見できなかった為、失敗に終わった。. クルッケンベルクと「ノルトラント」の生き残りは夜明け前にシュプレー川を渡ったが、ソビエト赤軍を突破することができず、中央地区で戦うことを余儀なくされた。そこで彼らは解散してそれぞれ脱出することにし、中には軍服を脱ぎ捨て避難民になりすまそうとした者もいたが、ほとんどが戦死するかクルッケンベルクのように捕虜となった。ソビエト赤軍は彼らが脱出しようとしているのに気付いており、急遽、非常線を張り脱出に備えていた、そのため中央地区東側の シェーンハウザー・アレー ( ドイツ語版 ) を北へ抜ける脱出は失敗に終わった。ミュンヘベルク師団(5両の戦車、4つの突撃砲、少数の兵員)、第18装甲擲弾兵師団、第9降下猟兵師団の残存兵はティーアガルテンを通って、西へ脱出した。また、それらには他の落伍兵、避難民も続いた。.

102km 8890 [74] [75] 10. S 1m10 [ 6] .

  • オーデル・ナイセ線 での戦いの主戦地はベルリン郊外東方面での最終防衛線、 ゼーロウ高地 で4月16日から19日までの4日間にわたって激戦が行われた。戦いの最終日の19日、第1白ロシア方面軍はゼーロウ高地のドイツ軍最終防衛線を突破、その結果、ソビエト赤軍とベルリンの間には撃破され疲弊し切ったドイツ軍しか存在しなかった。その前日、フォルストを包囲していた第1ウクライナ方面軍(司令官 イワン・コーネフ 元帥)は、扇形に広がって進撃し、一部の部隊が、ベルリン西側の エルベ川 に進出していたアメリカ軍と合流すべく南西へ向かい、主力部隊はベルリン包囲のために北東へ進出した。.
  • 同日、 ハンス・クレープス 参謀長は、 総統地下壕 から フュルステンベルク ( ドイツ語版 ) に滞在している ヴィルヘルム・カイテル 国防軍最高司令部 OKW 総長へ最後の電話をした。クレープスは、救援が48時間以内に到着しないならば、すべてが灰塵に化すだろうとカイテルに話した。カイテルは、第12軍司令官 ヴァルター・ヴェンク と第9軍司令官 テオドール・ブッセ へ強く働きかけると約束した。一方、ナチ党官房長 マルティン・ボルマン はデーニッツに「総統官邸は瓦礫の山となった。」と打電した。さらにボルマンは諸外国の報道機関がヒムラーの背信を報道しており、「総統はシェルナー、ヴェンク、他の忠誠を期待し、彼らがベルリンを救うことを期待している。」と言った [44] [55] 。.

総合Q&Aランキング

次の数日間、戦闘はますます混乱を見せたが、ドイツ軍はソ連赤軍に攻撃を仕掛け、時折、押し戻した。しかし、ソビエト赤軍は砲兵と航空機でも反撃し、ドイツ軍側面の損失は非常に甚大で、約25,人の第9軍将兵が南北に走る国道2号線の東側面を通り、ベーリッツで第12軍に接触、合流した。 [42] しかし、これは戦闘の終了は意味したが、脱出の終わりを意味するものではなかった。第12軍と第9軍の残存兵は、 アメリカ軍 に降伏するために、戦線を後退させエルベ川方向へ西に向かって戦闘を継続した。しかし、エルベ川でアメリカ軍第9軍が彼らを押しとどめたため、第9軍は突破はしたが、大部分はルッケンヴァルデ西方、第12軍からほんの10km離れたところで第4親衛戦車軍の北西方面からの攻撃で再度、囲まれていた。.

ソビエト赤軍は 砲兵 による濃厚な支援射撃の元、6〜8人の兵で小規模な戦闘グループを作り、それをさらに80人ほどにまとめ、武器を混成させた部隊を構成させた。これらはソビエト赤軍が独ソ戦で攻勢を始めてから各々の Festungsstadt (要塞都市)を巡る戦いで、家ひとつひとつを奪い合う激戦に有効な戦術として発案されたものだった [13] 。. オーデル・ナイセ線 での戦いの主戦地はベルリン郊外東方面での最終防衛線、 ゼーロウ高地 で4月16日から19日までの4日間にわたって激戦が行われた。戦いの最終日の19日、第1白ロシア方面軍はゼーロウ高地のドイツ軍最終防衛線を突破、その結果、ソビエト赤軍とベルリンの間には撃破され疲弊し切ったドイツ軍しか存在しなかった。その前日、フォルストを包囲していた第1ウクライナ方面軍(司令官 イワン・コーネフ 元帥)は、扇形に広がって進撃し、一部の部隊が、ベルリン西側の エルベ川 に進出していたアメリカ軍と合流すべく南西へ向かい、主力部隊はベルリン包囲のために北東へ進出した。.

翌日の早朝、モーンケはヒトラーにベルリン中央部はあと2日しか持たないと伝えた。また、ヴァイトリングはその日の内には弾薬を使い果たすことになるとヒトラーに伝え、再度、ベルリン脱出の許可を要請した。13時、ヴァイトリングはヒトラーより脱出の許可を与えられた [78] [79] 。その後、ヒトラーとエヴァは自殺、その遺体は焼却された。ヒトラーの遺書により、 ヨーゼフ・ゲッベルス ( 国民啓蒙・宣伝大臣 )が次期ドイツ首相になった。15時15分、ゲッベルスとボルマンは、デーニッツに アドルフ・ヒトラーの死 と次期大統領になるよう指名された旨を無線連絡した。. 詳細は「 ゼーロウ高地の戦い 」を参照. 世界遺産である博物館島近くのレストランの屋外テーブル。 春の日差しの下、食事をする家族の後ろで壁は65年前の出来事を記憶している。 52 31 13 N 13 23 37 E.

アドルフ・ヒトラー (〜4月30日) ヘルムート・ライマン 後に ヘルムート・ヴァイトリング [注 1].

30, [44] 6. 11 1… [34]. Battle of Berlin. : Wikipedia. 33SS1 SS 11SS [20] [7] .

ソビエト赤軍はそれに対抗するために タンクデサント を配置、軽機関銃などを装備させたが、これは戦車の射撃範囲を狭めることとなった。そのため、もうひとつの解決策として実行したのは、ドイツ軍狙撃手に対して対空砲を使い、建物には重砲撃(主にmmとmm)を浴びせ、通りに面した建物をひとつひとつ掃討していくことだった。戦闘は屋根伝いや屋根裏で行われたり、隣接した建物の穴を抜け、時折壁をぶち抜き(これにはドイツ軍が遺棄した パンツァーファウスト が非常に有効であった)、地下室や部屋伝いに行われ、この 浸透戦術 は戦車を待ち伏せしていたドイツ兵を狩り出した。 手榴弾 と 火炎放射器 はこの戦いで非常に効果があったが、ベルリン市民が避難していなかったため、多くの犠牲者を出すこととなった [16] [14] 。. 郊外での戦闘が絶望的になったことでベルリンの運命は事実上決していたが、ベルリン市内での戦闘は継続していた [7] 。4月23日までには、第1親衛戦車軍(司令官 ミハイル・カトゥコーフ ( 英語版 ) )とその他の部隊が ケーペニック ( ドイツ語版 ) の南で シュプレー川 、 ダーメ川 ( ドイツ語版 ) に至り、4月24日までに ブリッツ ( ドイツ語版 ) 、 ノイケルン ( ドイツ語版 ) へ進撃した [18] 。また、早朝には第5突撃軍(司令官 ニコライ・ベルザーリン )が シュプレー川 を横断、 トレプトウ公園 ( ドイツ語版 ) にいたった。24日未明に第56装甲軍団の反撃を受けたが、これを撃退、さらに進撃したため [19] 、ソビエト赤軍の大きな楔が打ち込まれ、第1親衛戦車軍は テルトウ運河 ( ドイツ語版 ) 越しに攻撃を行った [18] 。6時20分、約3,門の砲による砲撃と重爆撃機による爆撃を開始、架橋が終了した直後の7時に最初の部隊が運河を渡り、12時には戦車が支援に加わった。夜にはトレプトウ公園を占領、ソビエト赤軍はSバーンに達した [18] 。.

第1白ロシア方面軍と第1ウクライナ方面軍がベルリンの中心部に集中して進撃したが、このことが弾着観測機や他の方面軍に正確に伝わらず、しばしば友軍の支援砲火を浴びることになった。しかし、これは各ソビエト赤軍部隊のドイツ 総統官邸 を巡る競争がもたらしたものだった。このことを第1ウクライナ方面軍のある軍団長は「俺たちはドイツ軍は怖くないが、お隣さんが怖いのさ…ベルリンまで来てお隣さんの手柄を聞かされるんじゃ、たまらねえからな」と軽口でジョークにしていた [34] 。. また、第2白ロシア方面軍(司令官 コンスタンチン・ロコソフスキー 元帥)は、 シュテッティン - シュヴェート ( ドイツ語版 ) 間北方で、 ヴァイクセル軍集団 (司令官 ゴットハルト・ハインリツィ 上級大将)配下の 第3装甲軍 (司令官 ハッソ・フォン・マントイフェル 大将)の防衛線の北側中央部を攻撃した [3] 。その結果、 4月24日 までには、第1白ロシア方面軍と第1ウクライナ方面軍の主力は、ベルリン市の包囲を完了 [5] 、その翌日の25日、第2白ロシア方面軍が シュテッティン に築いた橋頭堡を足がかりに第3装甲軍の防衛線を南へ突破、 ランドウ ( ドイツ語版 ) 湿地を横断したが、それは バルト海 に面した シュトラールズント の港へ進出していた イギリス軍 第21軍集団のところまで障害無しに北進することが可能になったことを意味した。.

429 52 31 22 N 13 20 31 E. 2 Mk. SSSS18, [ 3] 40. SS 45, [98] [9. [76] 38 [77] .

ブッセは、第9軍は「 イモムシ の様に西進中」とヴェンクに伝えた。 [22] ブッセの計画では SS第重戦車大隊 が先頭になって道を切り開き、後方からのソビエト赤軍の追撃を振り切るものであった。. 最終更新 年1月15日 水 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

ヒトラーは、 ヘルマン・ゲーリング から ドイツ空軍 司令官を引き継がせるために ミュンヘン にいた ローベルト・フォン・グライム を呼び寄せた。グライムは ハンナ・ライチュ (空軍テストパイロット、グライムの愛人)に Fi シュトルヒを操縦させてベルリンへ向かう途中、ソビエト赤軍の対空砲火を受けて負傷したが、 ブランデンブルク門 の近くの ティーアガルテン への着陸に成功した [27] [28] [29] [30] 。4月26日、ライチュとグライムがベルリンに到着した同日、第56装甲軍団司令官 ヘルムート・ヴァイトリング 砲兵大将がベルリン防衛軍の司令官に任命された [27] 。ヴァイトリングは20日に第56装甲軍団司令官に任命されたが、その2日後にはヒトラーから銃殺命令が出された。これはヴァイトリングがヒトラーの死守命令に背いて司令部を後退したと誤解されたためであった。ヴァイトリングは エルンスト・ケーター ( 英語版 ) の後任のベルリン防衛軍司令官に任命されたが、ケーターは前日に ヘルムート・ライマン 中将(3月に着任)と交代したばかりであった。.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. ベルリン攻防戦 オーデル・ナイセの戦い ゼーロウ高地の戦い ベルリン包囲 ベルリン市街戦 ハルベの戦い.

Fi [27] [28] [29] [30] 42656 [27] 20562 3, ベルリン 攻防 戦 タイガー 戦車. 81S D1230 T 6 [24] [25] 26C U 2558113 14 48 562 8 [26]. V 52 30 45 N 13 22 55 E Fi Fi 51 DNA 213 [78] [79] 1515. [93] [94]. 328 18 8142725 9 [12] [37] 427S253. 1 4 5 941 91 3 1 3SS 孫の手.

ベルリン防衛軍司令官 ヘルムート・ヴァイトリング 大将が使用できる戦力は損耗し切った 国防軍 、 武装SS の数個師団で合わせて45,人ほどであり、さらに 警察官 、 ヒトラー・ユーゲント 、 国民突撃隊 が加わった [注 3] 。国民突撃隊は40,人ほどいたが、その中には若いころに従軍経験のある者が多く、 第一次世界大戦 の従軍者までいた。ヒトラーによりベルリン中心部防衛には ヴィルヘルム・モーンケ SS少将 が任命され、総統護衛大隊などを中心とする兵士2,人がその指揮下に配属された [注 4] 。ヴァイトリングは市内を「A」〜「H」の8区画に分けて、それぞれ防衛部隊を配置したが、部隊のほとんどは戦闘経験がなかった [1] 。ベルリン西方を第20装甲擲弾兵師団、北方に 第9降下猟兵師団 、北東に ミュンヘベルク装甲師団 ( ドイツ語版 ) 、南東方向と テンペルホーフ飛行場 に 第11SS義勇装甲擲弾兵師団「ノルトラント」 、予備として第18装甲擲弾兵師団が中央部とそれぞれ配置された [12] [8] 。.

ウィキメディア・コモンズには、 ベルリン市街戦 に関連するメディアがあります。. テオドーア・ブッセ 第9軍.


同様の出版物:

Eメール: mail@avenuetheater.org
ポータル上の広告 avenuetheater.org